盛れるカラコン特集|芸能人も使ってるデカ目カラコン

カラコンの装着方法

これからカラコンを購入する人は、正しい装着方法を知り、実践する必要があります。
守らなければ目のトラブルの原因となってしまうため、取り扱いには注意が必要なのです。
ここでは正しいカラコンのつけかたを解説しますので、しっかりとチェックしましょう。

つける前にすること

汚れた手でカラコンを扱っていると目のトラブルを招くリスクが増大するため、装着前にはしっかりと石鹸で手を洗います。
そして、目に直接つけることになるカラコンですので、安全のためにもレンズに汚れやゴミが付着していないか、傷や破損がないかチェックしてください。
大丈夫なことを確認したら、最後にカラコンの裏表を確認します。
裏返しの状態で装用すると目がゴロゴロしたり、簡単に取れてしまったりするので、くれぐれも注意しましょう。

つける・外すタイミング

カラコンは涙液が十分に出ていない起床後すぐのタイミングで装用するのは好ましくありません。
30分以上の時間が経過したあとで、つけることが目の安全のためには大切です。
また、眠るギリギリまでつけるのではなく、短くても就寝の1時間程度前には外しておくことが望ましいでしょう。
これを守ることで、目は十分涙液を確保することができるため、目の安全につながるのです。

つかわない日がある場合はどうする?

1日だけ装用しない日があったとしても、1時間は装用時間を短くしてください。
そして、つかわない日が続く場合には1日ごとに装用時間を1時間短くしていきます。
5日以上装用しなかった場合には、前述したように4~6時間から装用時間を延ばしていくことで、安全に使用することが可能です。

↑ PAGE TOP