盛れるカラコン特集|芸能人も使ってるデカ目カラコン

カラコンの装用時間目安

カラコンをつかいはじめたその日から、1日中装用するのはよくありません。
まだカラコンに目が慣れておらず、無理をすると目のトラブルにもつながりかねないからです。
ここではカラコンの安全な装用時間について説明しますので、これからカラコンを買おうと思っている人はチェックしてみてください。

まずは4~6時間から

カラコンをつけた初日は4~6時間、翌日は6~8時間といった具合に毎日2時間程度ずつ装用時間を延ばしていくことが推奨されています。
ただ、最終的に24時間つけっぱなしの状態でいられるようになるわけではなく、12時間以内までが限度といわれています。
なお、瞳が乾いてしまったり、目の違和感が出たりした場合には、目安の時間より短い装用時間に留めておいて、徐々に慣らしていってください。
また、人によって最長装用時間は異なりますので、最終的には12時間以内で快適さが損なわれない時間内で装用することが大切といえるでしょう。

つける・外すタイミング

カラコンは涙液が十分に出ていない起床後すぐのタイミングで装用するのは好ましくありません。
30分以上の時間が経過したあとで、つけることが目の安全のためには大切です。
また、眠るギリギリまでつけるのではなく、短くても就寝の1時間程度前には外しておくことが望ましいでしょう。
これを守ることで、目は十分涙液を確保することができるため、目の安全につながるのです。

つかわない日がある場合はどうする?

1日だけ装用しない日があったとしても、1時間は装用時間を短くしてください。
そして、つかわない日が続く場合には1日ごとに装用時間を1時間短くしていきます。
5日以上装用しなかった場合には、前述したように4~6時間から装用時間を延ばしていくことで、安全に使用することが可能です。

↑ PAGE TOP