盛れるカラコン特集|芸能人も使ってるデカ目カラコン

カラコンのケア方法

使い捨てでないタイプのカラコンを使用する場合、外したあとは適切なケアをほどこさなくてはいけません。
ここでは、一般的なカラコンのケア方法を紹介しますので、参考情報としてお役立てください。
なお、実際のケア方法は使用している洗浄保存液の種類により違う場合がありますので、取扱説明書にしたがってケアをしてください。

外したあとのカラコンケア方法

まず最初にレンズを手のひらにのせて、洗浄保存液を適量たらします。
レンズがつかるぐらいで十分ですが、洗浄保存液をたらしたあとはレンズの裏表を20~30回ほどやさしくていねいにこすり洗いしましょう。
これが終わったら、いったん洗浄保存液を捨てて、新しい洗浄保存液ですすぎ洗いをおこなってください。
次にレンズのケースのほうに洗浄保存液を入れて、カラコンをそのなかに沈めた状態にします。
あとはフタを閉めて決められた放置することで、レンズの消毒がおこなわれます。
消毒が終わったあとは、また使いたい日にレンズを取り出して装用してください。

ワンポイントアドバイス

カラコンを洗浄する際には専用の洗浄保存液を使用し、絶対に水道水を使ってはいけません。
失明につながるような眼病のリスクが増大してしまうからです。
また、カラコンをこすり洗いする際には、上下左右のどれでもいいのですが、こする方向を同じにしてください。
これを守らないとカラコンが破損してしまう原因になりかねません。
また、こすり洗いをする際に指の先をつかうとレンズに傷が付いたり、破損してしまったりするため、指の腹をつかってください。

カラコンケースの取り扱いにも注意

レンズがどれだけ清潔であっても、ケースが汚れていると意味がありません。
レンズをケースから取り出したあとには、ケースをしっかり洗浄し、乾かしておくことが大切です。
安全のためにも洗浄保存液は毎日取りかえて、数日間カラコンを装用しない場合でもなるべく日を置かないように交換することで、カラコンやカラコンケース内が清潔に保たれるでしょう。

↑ PAGE TOP