盛れるカラコン特集|芸能人も使ってるデカ目カラコン

カラコンの外し方

その日につかったカラコンは、その日のうちに外さなくてはいけません。
これからカラコンを買おうという人のなかには、外し方を知りたいという人もいるのではないでしょうか。
無理に外すようなマネをすると目のトラブルの原因になりますので、ここで正しい取り外し方を勉強して、購入後には実践していくとよいでしょう。

外す前にすること

汚い手で目に触れるようなことがあると目の病気を引き起こす原因になりますので、カラコンを外す前にはしっかりと石鹸で手を洗ってください。
また、目を傷付けたくないという人は、女性の場合は難しいでしょうが、爪を短く切っておくのが無難です。

カラコンを外す

事前準備をおこなったら、1日お世話になったカラコンを外していきます。
鏡でしっかりと瞳を確認しながら、カラコンがついている位置をチェックしてください。
位置を確認したらどちらかの手の中指を使って下まぶたを広げます。
そしてその状態をキープしたまま今度は人差し指を使ってレンズを黒目より若干下に動かしてください。
レンズを下に動かしたら、そのままの状態で人差し指と親指を使ってレンズが黒目にかかっていないところをつまんで取り外します。
カラコンを外したあとは使い捨てタイプのものなら廃棄、そうでないものなら適切なケアをほどこしたあと保存という流れになります。

上手く外すコツ

カラコンを外すにあたり、レンズを黒目より若干下に動かすステップがありましたが、上手くレンズがずれてくれないことがあります。
その場合、コンタクトレンズ用の点眼薬をつかうとすべりがよくなって、スムーズに動いてくれやすくなるでしょう。
また、カラコンをつまんで取り外すステップでは、正面をみていると外しにくいことがあります。
そのため、若干上に目線をもっていくことによって、簡単に外しやすくなるでしょう。
なお、カラコンは目に大きな負担をかけるものですし、汚れやゴミがついたままカラコンをつけるのはよくありませんので、点眼薬や目の洗浄液をつかってケアしてあげるのが望ましいでしょう。

↑ PAGE TOP