盛れるカラコン特集|芸能人も使ってるデカ目カラコン

カラコンの注意点・危険性

カラコンをつかいはじめるにあたって、いろいろと気をつけなくてはいけないことがあります。
目の安全のためにもここで挙げることを事前にしっかりと理解した上で、使用をはじめなくてはいけません。


眼病のリスク

カラコンを使用することによって、眼病を引き起こすリスクがあることを知っておかなくてはいけません。
角膜炎、角膜びらん、角膜潰瘍、結膜炎といった具合に、さまざまな目の病気になってしまう可能性があるのです。
充血、目の痛み、違和感、かすみ、かゆみ、目やに、涙が出るといった症状が出るほか、最悪の場合は失明してしまう恐れがあります。
カラコンを装用していて目の異常を自覚した場合には、すぐに眼科を受診する必要があるということを頭に入れておいてください。

カラコン自体が危ないわけではない

現在、国内で流通しているカラコンは薬事法の規制がおこなわれているため、安全基準を満たしているものだけとなっています。
それでもどうして目のトラブルが起こるのかというと、多くの場合その原因は利用者側にあるといえるでしょう。

目のトラブルの原因になる取扱方法

カラコンを汚い手でつけたり外したりすること、洗浄や消毒を怠る、保存方法を守らない、使用期間や使用期限を守らない、装用したまま就寝するといったことで、目の病気を引き起こすリスクは増大してしまいます。
安全に使用するためにもカラコンの適切な取扱方法は守ってください。

カラコンの製法で異なるリスク

カラコン自体は危なくないという表現をしましたが、製法によって目のトラブルにつながりやすくなるという点には注意が必要です。
カラコンの色素が直接目に触れるとトラブルの原因となりますが、瞳側やまぶた側に着色されている製品が、とくに海外製のものには多くなっています。
したがって、カラコンを購入するにあたっては、サンドイッチ製法といったレンズとレンズのあいだに色を差し込み、覆うことによって色素が漏れ出さない、目に直接触れないつくりになっているものを選ぶことが大切です。

↑ PAGE TOP